国際基準のカイロプラクティック/静岡県浜松市

TEL:053-463-0077

カイロプラクティックとは

1895年にアメリカのD.D.パーマーによって創始された治療法です。カイロとは「手」、プラクティックとは「療法」の意味で直訳すると「手技療法」になります。治療は、手または専用の治療器でおこない、背骨や手足の関節を調整し、神経生理機能を活性化します。自然治癒力を高めることで、さまざまな痛みや症状の改善に効果があります。

カイロプラクティックは、世界では40カ国以上で法制化されています。WHO(世界保健機関)が認定する国際基準のカイロプラクターは、専門カリキュラムによる教育を修了した専門家で、日本には約600名(平成27年8月現在)います。

 

痛みのメカニズム・治療のメカニズム

体の痛みは、「神経の働きが悪くなる」→「筋肉が硬くなる」→「関節が硬くなる」→「関節が痛くなる(症状が出る)」というメカニズムで起こります。当院では、その大元である神経の働きに注目して施術を行います。

治療のメカニズムは、痛みのメカニズムと逆になります。関節を矯正して神経の働きが正常になると、その場で痛みや症状が軽くなったり、変化したりします。また、背骨の矯正は、自律神経のバランスを整える効果もあります。

〈痛みのメカニズム〉

〈治療のメカニズム〉

痛みが少なく、正確なテクニック「アクチベーター」

当院では、「アクチベーター」というテクニックで矯正を行います。アクチベーターはその理論、科学的根拠、安全性から、アメリカでもっとも多くのドクターが使用するテクニックです。再現性のある独自の検査に基づいて、専用の器具で必要な場所に必要な方向で、最小限の力で矯正を行うことができます。これは、手で行う矯正よりも効率的に、骨や関節を振動させることができるため、神経を活性化するのにとても優れています。矯正時に「パチン」という音がしますが、ほとんど痛みはなく、一瞬で矯正が終わるので、お子様からお年寄りまで安心して施術を受けていただけます。

脳と神経のはたらきを改善する「ニューロ・パターン・セラピー」

当院では、慢性的な症状の改善に「ニューロ・パターン・セラピー(別名「心身条件反射療法」)」という治療法を採用しています。「ニューロ・パターン・セラピー」は、ドクター・オブ・カイロプラクティックである保井志之氏により開発され、2005年2月、日本において世界ではじめてセミナーが開かれた、比較的あたらしい治療法です。

人の体は、脳からの命令が神経を伝わることによってコントロールされています。また脳や神経は、精神的なストレスなど心の状態にも大きな影響を受けています。ストレスを感じているとき、人の体は「緊張状態」にあります。そのような状態では、自然治癒力がうまくはたらかず、結果として体の不調や病気を引き起こすのです。

脳では、学習と記憶を繰り返すことで、さまざまな神経経路の「パターン」を蓄積していきます。その中で、「緊張パターン」と呼ばれるのが、体の不調や痛みを引き起こす原因とされています。たとえば、交通事故を経験した人は、そのときの音や光景が記憶され、同じような刺激に対して、体が緊張してしまうといったことがあります。

こうした「緊張パターン」の例は、事故などの特別な出来事だけでなく、誰にでも日常的に存在するもので、無意識的に脳が指示を体に出すことで、さまざまな症状を引き起こしているのです。アトピーや鼻炎などの症状も、食べ物や飲み物、温度差や環境の変化などに、体が反応し、「緊張パターン」を起こしていることがよくあります。「緊張パターン」はいわば、脳の誤作動の状態なのです。

〈緊張パターンとリラックスパターン〉

pattern

この「緊張パターン」の神経回路を「リラックスパターン」の回路に切り替えることによって脳の誤差動を正すのが「ニューロ・パターン・セラピー」の治療です。「ニューロ・パターン・セラピー」では、まず検査によって、「緊張パターン」を確認し、その後、関節や背骨に刺激(振動)を与えて、神経のはたらきを正常にしていく治療を行なっていきます。神経のはたらきが正常になると、その場で痛みや症状が軽くなるなどの変化が見られます。こうした治療を繰り返し行うことで、徐々に「緊張パターン」から「リラックスパターン」へと神経の経路を切り替えていきます。

慢性的な症状は症状のある部位ではなく、他に原因があるか脳の誤差動が関与していることが非常に多く見られます。身体だけの治療で症状が治りにくかったり、ぶり返すのは脳の誤差動が残っているからです。「ニューロ・パターン・セラピー」によって脳と身体の情報交換をスムーズにすれば慢性的な症状の改善だけでなく、自然治癒力が高まり病気を未然に防ぐ事ができます。

TOP