浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

今日は熱中症についてです。
毎年このくらいの時期になるとテレビや新聞で熱中症の話題を良く目にします。特に今年はスーパー猛暑(気温が37度を越える日らしいです)が予想されていますので皆さんも是非参考にして乗り切りましょう!

ここでご紹介するのは私の経験から導きだした!?熱中症対策です。
お医者さんや一般的な対策とは少し違うかもしれませんが身体に優しく自然な対応ですので一般的な対策で効果のない方は是非参考にしてみて下さい。

熱中症の一般的な対策といえば
1 適切な温度管理(なるべく涼しい場所)
2 こまめな水分補給
3 塩分補給
の3本柱です。

一見どれももっともだと思われていますが、間渕カイロでは少し違うアドバイスをしています。

1、適切な温度管理
熱中症の予防では涼しい所という言葉に気を付けてください。クーラーの効いた部屋は逆に体温を奪い過ぎて体力を失うことがあります。涼しい所とは直射日光を避け、汗が効率良く蒸発できる風通しの良い場所です。予防では汗をかいて汗が蒸発出来る事に注意しましょう。汗が蒸発出来ないような高湿度では気温の高低に関わらず熱中症になってしまいます。

2、水分補給
夏の暑い時の水分補給ですから皆さん冷たい飲み物を飲みたいですよね?しかも夏は常に汗をかいているのでこまめに水分補給をした方がよさそうです。
しかし夏は内臓の負担が大きい時期でもあるため、冷たい飲み物で内臓を冷やしてしまうと更なる負担が内蔵にかかってしまい夏バテの原因になってしまいます。また、夏の暑い時期に冷たい飲み物を飲んだ後どうなりますか?

そう、汗がドバーっと出るでしょ?
つまり、水分補給の為に飲んだ水分がすぐに失われてしまうのです。これでは本末転倒です。

そこで私の水分補給に関する注意点は
大前提として喉が渇いていないのにこまめに水分補給しないことです。喉が渇いた時は身体が水分を欲しがっているので水分を補給します。
1)夏は冷たい飲み物で水分補給しないこと
直後に汗がドバーっと出て逆に水分を失ってしまうため。

2)なるべく温かい(お茶などが良いですが常温くらいでも大丈夫です)飲み物をゆっくりと飲む。
飲むときは熱いですが内臓への負担が少なくゆっくりと汗になって身体を冷やしてくれます。ゆっくり飲むことで無駄な水分摂取を抑えられるので体の負担も減ります。

3、塩分補給
市販されている熱中症対策飴などはあまりお勧めできません。口当たりが良いので習慣化して塩分の摂りすぎになってしまいます。塩分の摂りすぎは血液量の増加、さらに心臓の負担が増えてしまいます。
そこで私のお勧めはしょっぱーい梅干しを食事の時に食べる事です。理想は減塩ではない昔ながらのしょっぱーい物です。梅干しに含まれるクエン酸も疲労回復に効果があります。小ぶりの物なら毎食1粒、大きな物なら1日1~2粒位摂ると効果的です。

その他熱中症に関する注意点を少し挙げます

・暑くても首から下はなるべく冷やさない
どうしても暑い時は首から上、おでこや首筋(頸動脈)を冷やして脳の温度を下げてください。全身を冷してしまうと
・肉や魚など動物性の食品を控える。
肉や魚はスタミナがあると勘違いしている方が多いですが、肉や魚は消化にエネルギーを要するので内臓に負担がかかってしまいます。夏が旬の野菜を多く食べると良いでしょう。
・身体を動かして筋肉をつける
筋肉は水の貯水タンクです。体重60キロの人で約20リットルの水を貯めていると言われています。お年寄り子供が熱中症にかかりやすいのは筋肉が少ないのもその一因です。

以上ですが、ここで紹介したのは一般的な生活をしている方の対策です。外での作業や運動をする場合は水分補給の量と塩分補給を増やす必要がありますのでご注意下さい。