浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

今年からは症例報告にも力を入れていきます!

今回のケースのAさんは現在、歯医者さんで歯の噛み合わせの治療を受けているそうですがなかなか噛み合わせが合わずに困った歯医者さんからの紹介で来院されました。
Aさん、ご来院有り難うございます。

歯医者さんからは身体の歪みが原因で噛み合わせが安定しないのではないかと言われています。
色々お話を聞いていくと、2年ほど前に転倒して顔面を強打している事が分かりました。その日のうちに医者でレントゲンを撮ったのですが骨に異常はないということで痛み止めをもらっただけ。その後はかなり腫れたそうですが自然に治ったとのことでした。

転倒時にぶつけた場所を触らせてもらうと他の場所よりも凹んでいて明らかに骨の組織が硬くなっています。
これは私の勝手な推測ですが、2年前の転倒時に頬っぺたの骨を骨折しており、その骨の陥没が噛み合わせに悪影響を及ぼしているのではないでしょうか。

頬っぺたの骨の陥没を戻すように力を加えてあげると頬っぺたの筋肉が緩んでいくのがわかります。
他にも影響のあった骨を元に戻してあげて施術は終了。

起き上がってアゴを動かしてもらうと。。。かなりスムーズに動くようになってAさんも喜んでくださいました。

転倒時の影響が骨の構造に影響し、それが残ってしまっていた珍しいケースでした。

皆さんも骨折やケガなどの経験がある方は何処かに影響がでているかもしれません。気になる方はお気軽にご相談ください。