国際基準のカイロプラクティック/静岡県浜松市

TEL:053-463-0077

その手があったか!?

その手があったか!?

mabuchi 2016年05月31日 

先程の患者さん

先生、これ知ってる?
と靴下を脱いで見せてくれたのは見たことないゴムで出来た製品。
足の親指、中指、小指に通して使うらしい。更に足の裏(ちょうど中足骨頭の
横アーチを作るような感じ)にもゴムがついていて、それを踏んで使うらしい。

最近流行っているらしいが、全く知らなかったので、何に使うのか聞いてみると
外反母趾や姿勢が良くなるそうだ。

なるほど!
恐らく、その製品を使用すると足の指に力が入り、私の指導する美しい姿勢に
近い姿勢を自然ととれることは容易に想像できる。

姿勢の指導は感覚を掴むまでに時間がかかるが、この製品を改良すればその
感覚を誰でも容易に修得できるかもしれない。
早速購入して研究してみます!

気のせい!?

mabuchi 2016年05月31日 

浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

開業して間もない頃、重症の患者さまの施術をした後に体調を崩す事が
ありました。ある方に「悪い気」をもらうから体調を崩すんじゃないかと
言われてからはより一層敏感になり、疲労が抜けなかったり、風邪を引き
易くなりました。

ある方の勧めで砂風呂に入ったり、山で落ち葉に埋もれたりして自然に
「悪い気」を吸いとってもらってリセットしていた時期もありました。
そうする事で何だか調子が良くなる「気」がしました。

現在はどうかと言うと、何もしなくても体調を崩す事はほとんどありません。
何が変わったのか?

「病気」は読んで字のごとく「気」が病むのです。
調子が悪くなる「気」がすると思えば調子を崩すし、思わなければそうは
ならない事に気づいてからはどんな重症の患者さんを治療しても影響を受け
なくなりました。

「悪い気」をもらうと体調を崩すと思っている人が体調が悪い人や痛みが
ある人に関わると波長が共鳴して体調を崩してしまうのではないかと思います。

実は花粉症の原因もこういった「気」が関わっている場合があります。
テレビやラジオ、新聞や雑誌などで
「今年は花粉が多いでしょう」とか「花粉が風で舞い上がる映像」とか「花粉症で
辛そうにしている人」を見る事によって脳が誤作動を起こした結果、実際に花粉症
になってしまう事もあるんです。

私自身も20代の頃は毎年花粉症に悩まされていました。
しかし、食べ物のアレルギーの除去治療(NAET)と感情解放の治療を受けてからは
スッキリ花粉症が治ってしまいました。

血液検査で杉、檜、ブタ草、セイタカアワダチソウ、ハウスダストなど20種類以上の
抗体があるのにも関わらずです。これって医学的に説明が難しいんです。

抗体があるのに花粉に反応しないのはなぜ?

あるお医者さんにこの事を聞いてみると
加齢によって免疫力が低下して反応しなくなったのでは?とお答えくださいました。

皆さんはどう思います?
自分の身体を信じて治りたいという方は是非ご相談ください!

すっきり!!

mabuchi 2016年05月29日 

昨日カイロプラクティックの大学の後輩に首を治療してもらいました。

いや~人の身体の悪い所は分かっても自分の身体は正直全然分からない
もので、かなりダメ出しされちゃいました。
しっかり治療もしてもらって首の痛みもかなり良くなっています。

人に勧めるより自分の身体のメンテナンスも必要だと実感してしまいました。

首が!!

mabuchi 2016年05月28日 

浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

今日の朝起きてから首が痛い!
これが世間でいう寝違いか~と思うのだがとにかくどの方向に動かしても痛い(*_*)

う~ん今日は予約の空きが少ないので痛いまま仕事を済ませ、合間に後輩の施術院に
予約の電話を入れてみた。何とか明日の夕方に予約が取れたので明日治療に行ってきます。

思えば自分の身体の治療は1年以上していなかったので身体がメンテナンスしなさいと
合図を出したのでしょう。

皆さんも身体の痛みは無理をしないで早めに施術、メンテナンスを受ける事をお勧め
します。

かんばんは!

mabuchi 2016年05月24日 

浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

先日のこと叔父が間渕カイロの看板と柱を見て一言
「木は歳月が経つほど味がでるけど、やっぱり入口付近は光ってる方がいいよ」

なるほど、確かに見ると黒くなっていてあまり気持ちの良いものではない。
忙しさにかまけて掃除を怠った結果であると妙に反省。

よし!一大決心。この看板と柱をピカピカに磨こう‼
と言っても一気にはできないので毎日時間のある時に磨いてみようと思います。

間渕カイロにご来院の際にはチェックしてみてください。
そして、あまり綺麗になっていない時はどうか注意してくださいね!

下の写真は平成28年5月24日のものです。
これからちょくちょくご報告しますね。

健康が一番

mabuchi 2016年05月20日 

浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

最近、カイロの大学の1学年下の後輩のブログをチェックしていた所、現在狭心症で入院中らしい。数日前からの胸の違和感を覚えて病院で検査したところ心筋細胞を栄養する冠動脈が狭くなっていたらしく、カテーテル治療を受けたらしい。検査で異常がなければ来週には退院できるそうだが一日も早い回復を願うばかりである。

その後輩は1日に30名治療しているので、予約の変更も150名以上必要らしく大変だな~と思うとともに自分も健康にはより一層気を付けなければと考えさせられた。

頭パッカーン!

mabuchi 2016年05月20日 

浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

最近の患者さまの傾向
最近来院される患者さまはテレビや雑誌やインターネットなどのメディアの情報に惑わされている方が多いと思います。それらの情報が治癒を遅らせている場合も少なくないので今日はそれについて。

私の持論を一つ
人間は脳の機能の数パーセントしか使っていない(天才と呼ばれる人でも10パーセントに満たない)のだからその人間の分かることは宇宙全体の数パーセントでしかない。

私がカイロプラクティックの大学で学んでいたのが今から20年程前の事です。その頃学んだ知識は今となってはかなり古くなってしまっています。そのころの常識が今では非常識になっている事も少なくはありません。と言うことは20年後に今の常識は非常識になっている可能性もあるということなのです。

さて本題に戻ります。
今マスコミやメディアで取り上げられている内容は正しいこともありますがそれよりも間違っていることや分かっていないことのほうが多いということです。間渕カイロではそれらの情報よりもご自分の身体を信じて基準にする事をお勧めしています。

例えば健康に良い食べ物もそれが毒だと思い込んで食べると本当に体調を崩してしまう(プラシーボまたはプラセボ効果という)場合もあるのです。

つまり、患者さまの身体を基準に身体の望む施術をしていけば自ずと身体は健康になっていくものです。そのためには頭にある意識を身体に向けてあげる事がとても大切なんです。子供や若い人の方が治りが早いのは余分な知識が少なく、それによって自然治癒力が妨げられることが少ないからです。逆に歳をとると回復が遅くなるのは経験や知識といった頭が邪魔をして自然治癒力を低下させるからです。

間渕カイロに来院される患者さまにお願いです。
頭「パッカーン」でご来院ください。その方がかなり早く改善しますので。

自然治癒力への目覚め

mabuchi 2016年05月17日 

浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

私が自然治癒力に目覚め、意識するきっかけになった出来事。

この話は今から約15前に私が開業して間もなくの話です。ある日の夜仕事を終えての帰り道、道の真ん中に車に轢かれてうずくまっている猫を発見しました。一度は通り過ぎたもののそのままにしては他の車に轢かれて死んでしまうと思い引き返しました。

その猫はかろうじて息はしていましたがぐったりしていて鼻からの出血もあり、かなり辛そうにしていました。どうしようか迷いましたが何か気を引かれるものがあり、その猫を動物病院に連れていくことにしました。

獣医さん 「検査しないとはっきりとしたことは分かりませんが助かる確率は良くて50%くらいでしょう。もし検査や治療をするとお金もかかりますがどうされますか?」

私 「何とか助けてあげたいのですが、私も金銭的な余裕があまりありません。何とかもう少し安い費用で何とかなりませんか?」

獣医さん 「では高酸素濃度の部屋に入れて様子をみてみましょうか?この猫ちゃんの生命力がまだ残っていれば自分の力で何とかするでしょう。」

私 「分かりました。お願いします。」

その時は正直もうダメかな。獣医さんも面倒くさいから放っておく方が楽なんだろうと思いながら帰りました。

すると僅か4日後、獣医さんから連絡がありました。

獣医さん 「先日お預かりした猫ちゃん、無事峠を越えて元気になりましたので引き取りにきてください。

私 「えっ!?」

獣医さん 「あの猫ちゃん凄い生命力です。お預かりした後、翌日からエサを少しずつ食べるようになって今では通常のエサを普通に食べることができてますよ。もう退院しても大丈夫なのでいつでも迎えに来て下さい。」

私 「はあ。じゃあ今日の仕事帰りに迎えに行きます。」

迎えに行ってビックリ!本当に元気になっていました。一体何が起こったの!?
あれほど瀕死に見えた猫が何の治療もせず高酸素濃度の部屋で過ごしただけで僅か5日後には自分でご飯を食べて元気になってしまったんです。

獣医さんのお話しでは猫は体調が悪いときに自分で唸る(うなる)そうです。唸ることで自分の身体を振動させて組織修復に必要な細胞や免疫細胞を刺激し、活性化させるのだそうです。骨折していても骨芽細胞や破骨細胞が活性化され治りが早まるそうです。

なるほど、これが自然治癒力なんだ!!その時初めて実感したと同時に人間にも必ずこの能力があるはずだしその能力を最大に引き出せば沢山の人を助けることが出来ると思いました。

それから試行錯誤たどり着いたのが呼吸と美しい姿勢です。
この繋がりや理論についてはまたの機会にお話しできればと思います。

青竹踏みのススメ

mabuchi 2016年05月15日 

皆さん、突然ですが青竹踏みって知ってますか?

竹を半分に割ったものを足の裏で踏むあれです。

私が子供の頃はどこの家にもあって暇な時に踏んでいましたが最近はプラスチック製で
ツブツブがついた物が主流になってしまったのでなかなか竹の物は見かけなくなってしま
いました。

さて、この青竹踏みが非常に健康的でいいんですよ~
日本人は昔下駄を履いていました。靴を履く生活は明治時代から一般的になりましたが、
靴を履いて歩いているとどうしても足首が硬くなってしまうし、足の指を使わなくなって
しまいます。

間渕カイロに来院される幼稚園の先生に聞いた話ですが
最近の子供は足形をとると足の指が地面につかない子が結構いるそうです。
さらに外で遊んでいる時に平らな地面で突然転ぶ子供も多くなっているそうです。
既に足の指が退化しているのかも。

青竹踏みは土踏まずで竹をしっかりと踏むため、不安定な足踏みを繰り返します。
バランスをとるには足の指でしっかりと踏ん張る必要があるので足の関節や筋肉が刺激
され、血行が改善します。

間渕カイロの患者さまに青竹踏みを勧めたところ
冷え症改善、腰痛改善、肩こり改善、頭痛の改善、膝の痛み改善など
身体の様々な症状に効果があることがわかってきました。

かなり古典的な健康法ですが、侮ることなかれ!
貴方も青竹踏みで自然治癒力を高めてみませんか?

間渕カイロでは患者さまの提供により本物の竹(孟宗竹)で作った
青竹踏みを希望者にお分けしています。既に50名以上の方に差し上げて
いますが、まだ少し在庫がありますので欲しい方はお気軽にどうぞ。

熱中症対策

mabuchi 2016年05月14日 

浜松で数少ない国際基準のカイロプラクティック施術院
呼吸と美しい姿勢から未来を拓くカイロプラクター間淵貴裕です。

今日は熱中症についてです。
毎年このくらいの時期になるとテレビや新聞で熱中症の話題を良く目にします。

そこで今回は私の経験から導きだした!?熱中症対策をご紹介します。
興味のある方は参考にしてみて下さい。

熱中症の一般的な対策といえば
1 適切な温度管理(なるべく涼しい場所)
2 こまめな水分補給
3 塩分補給
の3本柱です。

1と3に関しては私も全く同意見ですが、水分補給に関しては少し違う見解(注意点)を持っています。

夏の暑い時の水分補給ですから皆さん冷たい飲み物を飲みたいですよね?
しかし夏は内臓の負担が大きい時期でもあるため、冷たい飲み物で内臓を冷やしてしまうと更なる負担がかかってしまい夏バテの原因になってしまいます。また、夏の暑い時期に冷たい飲み物を飲んだ後どうなりますか?

そう、汗がドバーっと出るでしょ?
つまり、水分補給の為に飲んだ水分がすぐに失われてしまうのです。

そこで私の水分補給に関する注意点は
1) 夏は冷たい飲み物で水分補給しないこと・・・逆に水分を失ってしまうため。
2) なるべく温かい(お茶などが良いですが常温くらいでも大丈夫です)飲み物を飲む。
飲むときは熱いですが内臓への負担が少なくゆっくりと汗になって身体を冷やしてくれます。
その他熱中症に関する注意点を少し挙げます

・暑くても首から下はなるべく冷やさない
どうしても暑い時は首から上、おでこや首筋(頸動脈)を冷やして脳の温度を下げてください。
・肉や魚など動物性の食品を控える。
肉や魚はスタミナがあると勘違いしている方が多いですが、肉や魚は消化にエネルギーを要するので内臓に負担がかかってしまいます。夏が旬の野菜を多く食べると良いでしょう。
・身体を動かして筋肉をつける
筋肉は水の貯水タンクです。体重60キロの人で約20リットルの水を貯めていると言われています。お年寄り子供が熱中症にかかりやすいのは筋肉が少ないのもその一因です。

以上ですが、ここで紹介したのは一般的な生活をしている方の対策です。外での作業や運動をする場合は水分補給の量と塩分補給を増やす必要がありますのでご注意下さい。

TOP